首页 > 图书详情

战后日本选举与政治资金问题 国际问题类;专著;财政学;日本政治;日本 VIP

售价:¥53.72 ¥79
1人在读 |
0 评分
丛书名:
朱清秀   社会科学文献出版社  2019-11 出版
ISBN:978-7-5201-5668-4
所属专题: 国别区域

*温馨提示:此类商品为数字类产品,不支持退换货,不支持下载打印

图书简介 目录 参考文献 音频 视频
二战后,围绕选举活动和政治资金使用的违法行为或政治腐败等政治资金问题在日本社会不断发生。本书从比较日本与美英等西方国家的政治资金规制体系入手,围绕战后日本选举制度改革、政治资金管制体系建设、《政治资金规制法》的制定与修订、后援团体与政治资金问题的关系等,探讨日本政治资金问题发生的根源。同时,利用日本主要政党披露的数据,分析自民党和安倍晋三等具体的政党和政治家的政治资金结构特点及变化。
[展开]
  • 序章
    1. 一 “政治资金”的研究契机
    2. 二 “政治资金”概念及研究
    3. 三 日本“政治资金”研究存在的问题与不足
    4. 四 政党竞争工具与资金“中转站”
  • 第一章 政治资金问题的国际比较
    1. 第一节 日本选举政治中的政治资金
    2. 第二节 美国的政治资金问题及政治资金管制体系
    3. 第三节 英国的政治资金问题及政治资金管制体系
    4. 第四节 战后日本政治资金问题的演变及特点
    5. 第五节 美日英政治资金管理体系的异同
    6. 本章小结
  • 第二章 日本选举制度改革与政治资金问题
    1. 第一节 日本选举制度的变迁
    2. 第二节 战后日本中选举区制度与政治资金问题
    3. 第三节 选举制度改革与小选举区比例代表并立制
    4. 本章小结
  • 第三章 《政治资金规制法》的修订与政治资金问题
    1. 第一节 选举活动的监管与《政治资金规制法》的导入
    2. 第二节 《政治资金规制法》的内容和修订过程
    3. 第三节 《政治资金规制法》与政治资金管制体系的缺陷
    4. 本章小结
  • 第四章 政党的国家援助与政治资金问题的发展
    1. 第一节 引入政党援助制度的原因
    2. 第二节 政党援助制度的制定过程及内容
    3. 第三节 政党援助制度存在的问题及对政治资金问题的影响
    4. 本章小结
  • 第五章 不断发展的后援团体
    1. 第一节 后援会与选举政治
    2. 第二节 1994年的政治改革对后援团体的影响
    3. 第三节 迂回献金问题与政治资金的流转
    4. 本章小结
  • 第六章 日本政党及政治家的政治资金状况
    1. 第一节 政党的政治资金结构
    2. 第二节 日本各政党的政治资金结构
    3. 第三节 日本政治家的政治资金结构
    4. 第四节 政治资金结构与政治资金问题
    5. 本章小结
  • 第七章 小泉纯一郎与安倍晋三的政治改革
    1. 第一节 “小泉神话”:改变自民党,改变日本
    2. 第二节 民主党:建立政治主导和国民主导的政府
    3. 第三节 安倍晋三:推动政治改革,挑战战后安保体制
    4. 本章小结
  • 第八章 “改元”与“改宪”:后平成时代日本政治走向
    1. 第一节 告别平成时代,皇室的传统与现代之变
    2. 第二节 摆脱战后体制,安倍式修宪进入新阶段
    3. 第三节 后平成时代日本政治走向
    4. 本章小结
  • 第九章 结语
    1. 一 选举制度成为政治资金问题成因的替罪羊
    2. 二 1994年政治改革之后政治资金问题的发展
    3. 三 战后日本政治资金问题产生的主要原因
  • 后记
[1]林尚立:《政党政治与现代化——日本的历史与现实》,上海人民出版社,1998。 [2]谭融:《美国利益集团政治研究》,中国社会科学出版社,2002。 [3]王振锁:《自民党的兴衰——日本“金权政治”研究》,天津人民出版社,1996。 [4]许晓光:《思想转型与社会近代化——日本近代早期非传统政治思想研究》,高等教育出版社,2011。 [5]周杰:《日本选举制度改革探究》,社会科学文献出版社,2012。 [6]〔美〕特索·纳吉塔:《当代日本政治的思想基础》,贺雷译,江苏人民出版社,2013。 [7]〔美〕D.埃莉诺·韦斯特尼:《模仿与创新:明治日本对西方组织模式的移植》,李萌译,清华大学出版社,2007。 [8]〔美〕阿伦·李帕特:《选举制度与政党制度:1945~1990年27个国家的实证研究》,谢岳译,上海世纪出版集团,2008。 [9]阿比留瑠比『政権交代の悪夢』、新潮社、2011年。 [10]奥島貞雄『自民党総裁選―権力に憑かれた亡者たち―』、中央公論新社、2006年。 [11]朝日新聞編『日本共産党』、朝日新聞社、1973年。 [12]池田信夫『強すぎる自民党の病理』、PHP新書、2016年。 [13]川人貞史·吉野孝ほか『現代の政党と選挙』、有斐閣アルマ、2001年。 [14]川人貞史·新藤宗幸·阿部斉『日本の政治』、放送大学教育新興会1986年。 [15]川人貞史『日本の国会制度と政党政治』、東京大学出版会、2005年。 [16]川人貞史『選挙制度と政党システム』、木鐸社、2004年。 [17]村松岐夫·伊藤光利·辻中豊『戦後日本の圧力団体』、東洋経済新報社、1986年。 [18]村松岐夫『政官スクラム型リーダーシップの崩壊』、東洋経済新報社、2010年。 [19]大森忠夫『会社法講義』(改訂版)、有信堂、1971年。 [20]大嶽秀夫『日本型ポピュリズム:政治への期待と幻滅』、中央公論社、2003年。 [21]大嶽秀夫『日本政治の対立軸』、中央公論社、1999年。 [22]大嶽秀夫『現代日本の政治権力経済権力』、三一書房、1996年。 [23]待鳥聡史『首相政治の制度分析:現代日本政治の権力基盤形成』、千倉書房、2013年。 [24]稲田正次『明治憲法成立史』、有斐閣、1960年。 [25]的場敏博『戦後日本政党政治史論』、ミネルヴァ書房、2012年。 [26]東京新聞取材班『自民党迂回献金システムの闇―日歯連事件の真相―』、角川学芸出版、2005年。 [27]飯尾潤『日本の統治機構』、中央公論社、2014年。 [28]福岡政行『日本の選挙』、早稲田大学出版部、2000年。 [29]富森叡児『日本型民主主義の構図』、朝日新聞社、1993年。 [30]富山康吉『現代商法学の課題』、成文堂、1975年。 [31]宮川隆義『小選挙区比例代表並立制の魔術』、政治広報センター、1996年。 [32]古賀純一郎『政治献金:実態と理論』、岩波新書、2004年。 [33]谷口将紀『現代日本の選挙政治:選挙制度改革を検証する』、東京大学出版会、2004年。 [34]関根勉『政治とカネの判例集』、星雲社、2012年。 [35]広瀬道貞『補助金と政権党』、朝日新聞社、1981年。 [36]広瀬道貞『政治とカネ』、岩波新書、1989年。 [37]国民政治協会『国民政治協会40年史』、国民政治協会出版、2001年。 [38]海部俊樹『政治とカネ:海部俊樹回顧録』、新潮社、2010年。 [39]河野勝『制度』、東京大学出版会、2002年。 [40]花村仁八郎『政財界パイプ役半生記―経団連外交―』、東京新聞出版局、1990年。 [41]吉村正『日本政治の診断』、東海大学出版会、1965年。 [42]吉田善明『変動期の憲法諸相』、敬文堂、2001年。 [43]季武嘉也『選挙違反の歴史―ウラから見た日本の100年―』、吉川弘文館、2007年。 [44]加藤秀治郎『日本の統治システムと選挙制度の改革』、一藝社、2013年。 [45]加藤秀治郎『日本の選挙 何を変えれば政治が変わるのか』、中央公論新社、2003年。 [46]建林正彦『政党政治の制度分析』、千倉書房、2017年。 [47]久保慶一·河野勝編『民主化と選挙の比較政治学:変革期の制度形成とその帰結』、勁草書房、2013年。 [48]久米郁男·河野勝『現代日本の政治』、放送大学教育振興会、2011年。 [49]菊池正史『安倍晋三「保守」の正体:岸信介のDNA』、文藝春秋、2017年。 [50]堀江湛『日本の選挙と政党政治』、北樹出版、1997年。 [51]堀江湛『政治改革と選挙制度』、芦書房、1993年。 [52]堀要『日本政治の実証分析:政治改革·行政改革の視点』、東海大学出版会、1996。 [53]鈴木良一『実務と研修のためのわかりやすい政治資金規正法』、ぎょうせい、1995年。 [54]鈴木宜則『現代日本の政治』、北樹出版、2011年。 [55]鈴木竹雄『会社法判例百選』、有斐閣、1983年。 [56]鈴木竹雄『商法研究Ⅲ』、有斐閣、1971年。 [57]梅津実·坪郷実·後房雄·大西裕·森脇俊雅『比較·選挙政治―21世紀初頭における先進6か国の選挙―』、ミネルヴァ書房、2004年。 [58]毎日新聞政治部·経済部『財界と政界再編への胎動』、耕文社、1991年。 [59]平野浩·河野勝『アクセス日本政治論』、日本経済評論社、2010年。 [60]蒲島郁夫『戦後政治の軌跡:自民党システムの形成と変容』、岩波書店、2004年。 [61]斉藤淳『自民党長期政権の政治経済学:利益誘導政治の自己矛盾』、勁草書房、2010年。 [62]浅野一郎『選挙制度と政党』、信山社出版、2003年。 [63]浅野正彦『市民社会における制度改革―選挙制度と候補者リクルート―』、慶応義塾大学出版会、2006年。 [64]日本財政法学会『財政法叢書7 政治資金』、学陽書房、1991年。 [65]三鬼陽之助『献金金脈』、講談社、1975年。 [66]三宅一郎『選挙制度変革と投票行動』、木鐸社、2001年。 [67]三枝一雄·吉田善明ほか『政治資金と法制度』、日本評論社、1998年。 [68]森英樹編著『政党国庫補助の比較憲法的総合的研究』、柏書房、1994年。 [69]砂原庸介『分裂と統合の日本政治』、千倉書房、2017年。 [70]山口二郎『日本の課題』、岩波書店、1997年。 [71]山口二郎『政治改革』、岩波新書、1993年。 [72]杣正夫『日本選挙制度史:普通選挙法から公職選挙法まで』、九州大学出版会、1986年。 [73]上脇博之『政党助成法の憲法問題』、日本評論社、1999年。 [74]升味準之輔『現代日本の政治体制』、岩波書店、1969年。 [75]石川真澄·広瀬道真『自民党―長期支配の構造―』、岩波書店、1989年。 [76]石川真澄『人物戦後政治』、岩波書店、1997年。 [77]石川真澄『小選挙区制と政治改革―問題点は何か―』、岩波書店、1993年。 [78]石川真澄『戦後政治構造史』、日本評論社、1978年。 [79]市川太一『世襲代議士の研究』、日本経済新聞社、1990年。 [80]室伏哲郎『汚職の構造』、岩波新書、1981年。 [81]笹子勝哉『政治資金』、社会思想社、1988年。 [82]松本保美『新しい選挙制度:理論とテクノロジーに裏付けられた』、木鐸社、2003年。 [83]松尾尊兌『普通選挙制度成立史の研究』、岩波書店、1989年。 [84]藤田博昭『日本の政治と金』、勁草出版サービスセンター、1980年。 [85]田中愛治ほか『なぜ政権交代だったのか:読売·早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換』、勁草書房、2009年。 [86]田中宗孝『政治改革六年の道程』、ぎょうせい、1997年。 [87]樋渡展洋·斉藤淳『政党政治の混迷と政権交代』、東京大学出版会、2011年。 [88]樋口陽一·佐藤幸治·中村睦男·浦部法穂『憲法Ⅱ』、青林書院、1997年。 [89]樋口陽一『憲法』、創文社、1992年。 [90]筒井清忠『昭和戦前期の政党政治:二大政党制はなぜ挫折したのか』、筑摩書房、2012年。 [91]丸山健『政党法論』、学陽書房、1976年。 [92]西島久『公明党』、雪華社、1967年。 [93]西原寛一『商事法研究』(第3巻)、有斐閣、1968年。 [94]小林俊治『企業政治資金―もう一つの投資の理論―』、日本経済新聞社、1976年。 [95]小林良彰『現代日本の選挙』、東京大学出版会、1991年。 [96]小林良彰『現代日本の政治過程:日本型民主主義の計量分析』、東京大学出版会、1997年。 [97]小林良彰『選挙制度:民主主義再生のために』、丸善、1994年。 [98]岩井奉信『「政治資金」の研究:利益誘導の日本的政治風土』、日本経済新聞社、1990年。 [99]塩田潮『民主党の研究』、平凡社、2007年。 [100]野中尚人『自民党政治の終わり』、筑摩書房、2008年。 [101]伊藤之雄『政党政治と天皇』、講談社、2002年。 [102]斎藤栄三郎『政治改革の原点―政界汚職百年史―』、国会審議調査会、1992年9月6日。 [103]『政権交代時代の政府と政党のガバナンス―短命政権と決められない政治を打破するために―』、21世紀政策研究所、2012年。 [104]政治資金制度研究会『政治資金規正法要覧』(第三次改訂版)、国政情報センター、2006年。 [105]政治資金制度研究会『逐条解説―政治資金規正法―』(第二次改訂)、行政出版、2002年。 [106]中北浩爾『自民党―「一強」の実像―』、中央公論社、2017年。 [107]中央社編『衆議院議員選挙法改正:政府解説纂輯』、中央社、1934年。 [108]自由法曹団『検証小選挙区制』、新日本出版社、1994年。 [109]自治大学校編『戦後政治史Ⅳ―衆議院選挙法改正―』、自治大学校出版、1961年。 [110]佐々木毅『政治改革1800日の真実』、講談社、1999年。 [111]佐々木毅ほか編著『代議士とカネ―政治資金全国調査報告―』、朝日新聞社、1999年。 [112]佐藤誠三郎·松崎哲久『自民党政権』、中央公論社、1986年。 [113]Herbert E.Alexander·白鳥令編著『民主主義のコスト―政治資金の国際比較―』、新評論、1995年。 [114]K.V.ウォルフレン『日本/権力構造の謎』、篠原勝訳、早川書房、1990年。 [115]ジェラルド·カーティス、石川真澄『土建国家ニッポン』、光文社、1983年。 [116]ジェラルド·カーティス『代議士の誕生』、山岡清二·大野一訳、日経BP出版センター、2009年。 [117]ジェラルド·カーティス『政治と秋刀魚』、日経BP出版センター、2008年。 [118]フランシス·ローゼンブルース、マイケル·ティース『日本政治の大転換:「鉄とコメの同盟」から日本型自由主義へ』、徳川家広訳、勁草書房、2012年。 [119]Henry Aaron,Robert D.Reischauer,eds.,Setting National Priorities:The 2000 Election and Beyond,Brookings press,1999. [120]Gerald L. Curtis,The Logic of Japanese Politics:Leaders,Institutions,and the Limits of Change,New York:Columbia University Press,1999. [121]Matthew Soberg Shugart and Martin P. Wattenberg,eds.,Mixed Member Electoral Systems:The Best of Both Worlds?,New York:Oxford University Press,2001. [122]Matthew Carlson,Money Politics in Japan,Lynne Rienner Publishers,2007. [123]Masaru Kohno,Japan’s Postwar Party Politics,Princeton University Press,1997. [124]Scheiner,Ethan,Democracy without Competition in Japan:Opposition Failure in a One-Party Dominant State,New York:Cambridge University Press,2005. [125]Van Wolfren,Karel,The Enigma of Japanese Power:People and Politics in a Stateless Nation,New York:Norton,1989. [126]曹天禄:《日本共产党独具特色的财政活动》,《咸宁师专学报》2002年第1期。 [127]刁大明:《美国大选中的金权政治》,《红旗文稿》2012年第21期。 [128]乔林生:《从“世袭政治”看日本民主的实像》,《南开学报》(哲学社会科学版)2010年第1期。 [129]曲静:《原地转圈:日本政治捐款制度改革》,《日本问题研究》2013年第1期。 [130]宋益民:《日本“金权政治”刍议》,《日本学刊》1989年第4期。 [131]孙惠彦:《日本的财界》,《世界经济》1983年第11期。 [132]孙立勇:《美国西部开发与腐败》,《正气》2008年第4期。 [133]孙哲、赵可金:《美国国会对腐败问题的治理》,《清华大学学报》(哲学社会科学版)2009年第2期。 [134]王振锁:《政治资金与自民党的兴衰》,《日本学刊》1996年第3期。 [135]徐彤武:《“外围团体”对2012年美国大选的影响》,《美国研究》2012年第3期。 [136]徐万胜:《政治资金与日本政党体制转型》,《日本学刊》2007年第1期。 [137]臧志军:《日本政治资金及其管理法制改革》,《外国问题研究》2009年第2期。 [138]周永生:《日本的政治捐款制度》,《中国政法大学学报》2008年第6期。 [139]奥平康弘「憲法政治の復権はいかにあるべきか」、『法律時報』第61巻第12号、1989年。 [140]濱本真輔「小選挙区比例代表並立制の存立基盤」、『年報政治学』第60巻第1号、2009年。 [141]成田憲彦「公職選挙法と政治資金規正法」、『都市問題』第100巻第10号、東京市政調査会、2009年。 [142]川人貞史「選挙協力·戦略投票·政治資金:2000年総選挙の分析」、『選挙研究』第17巻、2002年。 [143]川人貞史「中選挙区制研究と新制度論」、『選挙研究』第15巻、2000年。 [144]村上信一郎「政党活動に対する国家助成イタリアの経験から」、『選挙研究』第6巻、1991年。 [145]殿岡昭郎「政治家における金の研究」、『文芸春秋』第53巻第6号、1975年6月。 [146]富田信男「普選法の制定と普選第一回総選挙」、『選挙研究』第5号、日本選挙学会、1990年。 [147]富田信男「小選挙区比例代表並立制に関する一考察」、『選挙研究』第13巻、1998年。 [148]高野恵亮「政治活動と倫理―政治資金規正法をめぐって―」、『世界と議会』第521巻、2008年2月。 [149]亀井正夫「政治臨調のすすめ」、『経団連月報』、1988年10月号。 [150]和田淳一郎「二大政党制をめぐって」、『公共選択の研究』第2004巻第40号、1991年。 [151]河野勝·フォルニエパトリック「日本の中選挙区·単記非移譲式投票制度と戦略的投票「M+1の法則」を超えて」、『選挙研究』第15巻、2000年。 [152]加藤秀治郎「選挙研究と日本政治の改革ポパーの漸進的社会工学に導かれて」、『選挙研究』第23巻、2008年。 [153]加藤一彦「企業による政治資金の規制論拠」、『一橋法学』第2巻第2号、2003年6月。 [154]建林正彦「中小企業政策と選挙制度」、『年報政治学』第48巻、1997年。 [155]金崎雅之·細江守紀「選挙制度と地方公共財供給の経済分析」、『地域学研究』第33巻第1号、2002-2003年。 [156]芦部信喜「選挙制度改革問題断想」、『選挙研究』第6巻、1991年。 [157]名取良太「選挙制度改革と利益誘導政治」、『選挙研究』第17巻、2002年。 [158]森正「『制度改革』の政治学日本政治の変化をめぐる日本政治研究の展開」、『年報政治学』第57巻第1号、2006年。 [159]藤田博昭「政治資金とは何か」、『北海道大学法学』第33巻第1号、1982年。 [160]武村正義「なぜ国政にはそんなにカネがかかるのか」、『都市問題』第100巻第10号、東京市政調査会、2009年。 [161]下仲宏卓「政党助成法の一部を改正する法律等について」、『選挙時報』第45巻第2号、1996年。 [162]小林良彰「選挙制度改革の分析」、『選挙研究』第7巻、1992年。 [163]小平修「選挙制度の国際比較」、『選挙研究』第3巻、1998年。 [164]岩井奉信「政治資金をめぐる―果てしない『イタチごっこ』」、『都市問題』、東京市政調査会特集1、2009年10月。 [165]永山正男「明治期小選挙区制の基礎的研究選挙区人口の推定、有権者数および棄権率の整理とその分析」、『選挙研究』第12巻、1997年。 [166]遠藤速晶「後援会動員と日本の有権者―世論調査モード間比較―」、『早稲田政治公法研究』第100号。 [167]澤大洋「明治最初期の選挙制度論の発展」、『選挙研究』第5号、1990年。 [168]曽根泰教「衆議院選挙制度改革の評価」、『選挙研究』第20巻、2005年。 [169]趙漢義「日本の利益分配政策と自民党の支配」、『選挙研究』第8巻、1993年。 [170]中島茂樹「憲法問題としての政治献金」、『立命館法学』第3·4号下巻、2000年。 [171]中島茂樹「憲法問題としての政治献金―熊谷組政治献金事件福井地裁判決を素材に―」、『立命館大学人文科学研究所紀要』No.84、2004年3月。 [172]リードスティーブン·R.「中選挙区制における均衡状態」、『選挙研究』第15巻、2000年。 [173]Christensen,Raymond,“Electoral Reform in Japan:How It Was Enacted and Changes It May Bring”,Asian Survey,Volume 34,Issue 7,1994. [174]David,Leggett,“Japan’s Money Politics”,PublicMoney & Management,January-March 1995. [175]Donald P.Moynihan,“Protection Versus Flexibility:The Civil Service Reform Act,Competing Administrative Doctrines,and the Roots of Contemporary Public Management Debate”,Journal of Policy History,Volume 16,Issue 1,2004. [176]Gary W.Cox and Michaelf Thies,“The Cost of Intraparty Competition”,Comparative Political Studies,June 1998. [177]Martin Linton,“Money and Votes”,Institute for the Public Policy Research,1994. [178]日本自由民主党『政治改革大綱』1989年5月23日。 [179]『中選挙区制度廃止宣言』、1992年12月18日。 [180]『政党助成法』2004年2月4日法律第5号。 [181]『政治資金規正法』1948年7月29日法律第194号。 [182]『公職選挙法』1950年4月15日法律第100号。 [183]『憲法中綱領之議』、日本国立国会図書館デジタルコレクション、1881、http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3860373。 [184]政治議会調査室『政治資金規正関係年表』、国立国会図書館調査及び立法考査局、2010年。 [185]2008~2013年総務省自治行政局選挙部政党助成室『政党交付金使途報告のしおり』。 [186]2004~2011年総務省「政治資金収支報告の概要」。 [187]2001~2011年総務省『官報』。 [188]2008~2011年総務省「政党交付金使途等報告の概要」。 [189]公明党:http://www.komei.or.jp。 [190]自民党:https://www.jimin.jp/。 [191]朝日新聞:http://www.asahi.com/。 [192]読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/。 [193]日本経済新聞:http://www.nikkei.com/。 [194]legislation.Gov.UK:http://www.legislation.gov.uk/。
[展开]

相关推荐

发表评论

同步转发到先晓茶馆

发表评论

手机可扫码阅读