首页 > 图书详情

《日本学研究》第29辑 文学与文化理论;语言类;文学类;集刊 VIP

售价:¥73.5 ¥98
0人在读 |
0 评分
丛书名:
郭连友 宋金文 丁红卫   社会科学文献出版社  2019-04 出版
ISBN:978-7-5201-4240-3
关键词: 日本 研究 丛刊

*温馨提示:此类商品不支持退换货,不支持下载

图书简介 目录 参考文献 音频 视频
《日本学研究》由北京日本学研究中心与教育部国别和区域研究基地日本研究中心共同主办,设有特别约稿、热点问题、国别和区域、海外日本学、日本语言与教育、日本文学与文化、日本社会与经济、书评等栏目,内容涉及日本的语言、文学、文化、社会、经济、教育等多个研究领域,是我国日本学研究的综合学术平台。
[展开]
[1]中国高齢者産業調査報告書、日本貿易振興機構(ジェトロ)、北京事務所?2013年3月. [2]日中国際共同研究報告書、中国の人口の高齢化:進行の趨勢、経済への影響及び対策、内閣府経済社会総合研究所、2012年8月. [3]大泉啓一郎、「老いていくアジア 繁栄の構図が変わる時」、中公新書,2007年. [4]E.H.エリクソン、『ライフサイクル、その完結<増補版>』、みすず書房,2001年. [5]木下康仁、『シニア:学びの群像 定年後のライフスタイルの創出』、弘文堂、2018年. [6]木下康仁、「国境を超えるシニアの学び:University of the Third Age 運動の国際展開」、『立教大学社会学部応用社会学研究』No.60、2018年. [7]王勇丽、「退休老年人再社会化的测量指标开发」、北京外国語大学[D]、2015年11月. [8]堺屋太一、『団塊の世代』、文芸春秋社、1980年7月. [9]堺屋太一、『団塊の世代』、出版文化社、2009年3月. [10]坪野谷雅之監修、「立教セカンドステージ大学:RSSCの社会貢献活動の軌跡」、21世紀アクテイブシニア社会共生研究会編、2017年11月. [11]笠原清志、「団塊の世代とセカンドステージ大学」、文部科学省編『マイナビ』、2008年1月. [12]日本経済新聞、「老いる中国 社会保障重荷」、2018年2月28日. [13]辻本雅史『近世教育思想史の研究』东京、思文阁出版、1990年。 [14]佐野公治『四书学史の研究』东京、创文社、1998年。 [15]井上进『中国出版文化史——书物世界と知の风景』名古屋、名古屋大学出版会、2002年。 [16]大庭脩『汉籍输入の文化史——圣德太子から吉宗へ』东京、研文出版、1997年。 [17]大庭脩『江户时代における中国文化受容の研究』东京、同朋社、1984年。 [18]辻本雅史『近世思想史研究の现在』东京、思文阁出版、1995年。 [19]黄俊杰编『中日〈四书〉诠释传统初探(下)』台北、台湾大学出版中心、2004年。 [20]子安宣邦『江户思想史讲义』东京、岩波书店、1998年。 [21]横田冬彦『历史の研究16 天下泰平』东京、讲谈社、2002年。 [22]《亚历山大大帝与东西文明交流展》图录、東京东京国立博物馆、2003年。 [23]《绘因果经》(日本绘卷全集1)、东京角川书店、1960年。 [24]《克孜尔石窟》(《中国石窟》第1卷)、东京平凡社、1982年。 [25]《西域美术》第1卷(Guime美术馆,伯希和藏品,J·F·Jarrige监修)东京讲谈社、1994年。 [26]田中一松、《绘因果经断卷降魔图(松永本)解说》、东京《国华》第881号、1965年。 [27]敦煌文物研究所《敦煌莫高窟》全五卷、敦煌文物研究所编、东京平凡社1980~1982年。 [28]坪井绿、《绘因果经研究》、东京山川出版社、2004年。 [29]《佛传绘》(日本的美术267)、东京至文堂、1988年。 [30]脇坂淳、《風神·雷神图像的系谱与宗达笔〈风神雷神图〉》、大阪《大阪市立美术馆纪要》第4号1984年。 [31]北京语言学院日语教师培训班、《纪念文集日语教师培训班的五年》、日本、国際交流基金、1987年。 [32]池上嘉彦、守屋三千代、『自然な日本語を教えるために 認知言語学をふまえて』、ひつじ書房、2009年。 [33]孙晓英、『「大平学校」と戦後日中教育文化交流―日本語教師のライフストーリーを手がかりに―』、日本、日本侨报社、2018年。 [34]徐一平:《〈中日交流标准日本语〉(中级电视讲座)讲稿摘录》,中国,1992年12月7日《中国电视报外语节目版》总第29期—1994年3月7日《中国电视报外语节目版》总第94期、1992年—1994年。 [35]徐一平:「対中国特別事業/北京日本学研究センター」、《国際交流》、日本、国际交流基金、2002年、第97集、第94~98页。 [36]徐一平:《日本学校教育语法功过论》,《日语学习与研究》,中国,2003年第3期,第1~5页。 [37]徐一平:《〈中日交流标准日本语〉与日语语法教学》,《品牌与标准——纪念〈中日交流标准日本语〉首版20周年(一九八八—二〇〇八)》,人民教育出版社,2009,第183~197页。 [38]徐一平、“北京日本学研究中心三十周年”、北京日本学研究中心《日本文化理解与日本学研究 北京日本学研究中心30周年纪念论文集》、中国、学苑出版社、2015年。 [39]徐一平、川西重忠、『大平正芳と中国の日本語教育.大平正芳からいま学ぶこと―日中関係、教育と人材育成 連携の時代―』、日本、桜美林大学北東アジア総合研究所、2010年。 [40]野田尚史、「コミュニケーションのための日本語学習辞書の構想」、『日本語/日本語教育研究』、日本、2011年、第2期。 [41]早津惠美子、『現代日本語の使役文』、日本、ひつじ書房、2016年。 [42]早津惠美子、「使役動詞『V-(サ)セル』の状態詞化」、藤田保幸、山崎诚编『形式語研究の現在』和泉書院、日本、2018年。 [43]中华人民共和国教育部制定《普通高中日语课程标准(2017年版)》,人民教育出版社,2018。 [44][1]森田良行、『基礎日本語辞典』、東京、角川書店、1989年 [45][2]沼田善子、「取り立て詞」、『いわゆる日本語助詞の研究』、東京、凡人社、1986年 [46][3]寺村秀夫、『日本語のシンタクスと意味Ⅲ』、東京、くろしお出版社、1991年 [47][4]澤田美恵子、『現代日本語における「取り立て助詞」の研究』、東京、くろしお出版社、2007年 [48][5]工藤浩、「限定副詞の機能」、『松村明教授還暦記念 国語学と国語史』、東京、明治書院、1977年、P969-P986 [49][6]安倍朋世、「とりたて性から見たタダ」、『鶴林紫苑鶴見大学短期大学部国文科創立五十周年記念論集』、風間書房、2003年、P59-P74 [50][7]安部朋世.単二とタダ.千葉大学教育学部研究紀要第52巻.2004.155-160. [51][8]安部朋世、「副詞モッパラの意味分析」、『千葉大学教育学部研究紀要』、2007年、55:P227-P231 [52][9]沼田善子、『現代日本語取り立て詞の研究』、東京、ひつじ書房、2009年 [53][10]定延利之、「探索と現代語の限定系のとりたて」、『日本語のとりたて筑波大学「東西言語文化の類型論」特別プロジェクト研究成果報告書』、2001年、P167-P198 [54]国書刊行会編、『続続群書類従 第9巻 癸卯于役日録』、東京、国書刊行会、1906年 [55]高柳光寿等編、『寛政重修諸家譜』、東京、続群書類従完成会、1964年 [56]島津忠夫等、「楓園叢談」、『佐賀大学文学論集』、佐賀、1965年、7:P55-P65 [57]大日本人名辞書刊行会編、『大日本人名辞書』、東京、講談社、1974年 [58]正宗敦夫編訂、『覆刻日本古典全集 地下家伝』、東京、現代思潮社、1978年 [59]長澤孝三編、『漢文学者総覧』、東京、汲古書院、1979年 [60]中村幸彦編修、『大東急記念文庫善本叢刊 近世篇18 近世詩文集二 卜幽軒稿』、東京、汲古書院、1979年 [61]黒板勝美、国史大系編修会、『新訂増補国史大系 徳川実紀』、東京、吉川弘文館、1981年 [62]澤井啓一解題、『人見竹洞詩文集』、東京、汲古書院、1991年 [63]深沢眞二解題、『京都大学蔵大惣本稀書集成 第11巻 山跡七字城』、京都、臨川書店、1995年 [64]山本武夫校訂、『史料纂集 国史館日録』、東京、続群書類従完成会、1997年 [65]日野龍夫編修、『近世儒家文集集成 第12巻 鵞峰林学士文集』、東京、ぺりんかん社、1997年 [66]鈴木健一、『林羅山年譜稿』、東京、ぺりんかん社、1999年 [67]伊藤善隆、「野間三竹年譜稿」、『湘北紀要』、神奈川、2008年、29:P1-P16 [68]深沢眞二、『「和漢」の世界―和漢聯句の基礎的研究』、大阪、清文堂、2010年 [69]徳田武編、『鳳岡林先生全集』、東京、勉誠出版、2013年 [70]井上敏幸、「校本楓園叢談」、『佐賀大国文』、佐賀、2014年、42:P27-P45 [71]榧木亨、「林家における『律呂新書』研究——林鵞峰『律呂新書諺解』を中心として」、関西大学東西学術研究所紀要、大阪、2016年、49:P453-P470 [72]陈可冉、“狛高庸生平交游考”、《日语学习与研究》、北京、2018年、194:P31-P39 [73]1.丁兆中:《战后日本文化外交战略的发展趋势》,《日本学刊》2006年第1期。 [74]2.吴咏梅:《浅谈日本的文化外交》,《日本学刊》2008年第5期。 [75]3.唐向红:《日本文化和和日本经济发展关系研究》,东北财经大学,2015年5月。 [76]4.于干千、程小敏:《中国饮食文化申报世界非物质文化遗产的标准研究》,《思想战线》2015年第2期。 [77]5.清水徹朗、『農産品輸出の実態と今後の展望』、農林金融、東京、農林中金総合研究所、2014.12。 [78]6.松原聡、『日本の経済 図解雑学シリーズ』、東京、ナツメ社、2000。 [79]7.堀千珠、『農林漁業の6次産業化』みずほリサ—チ、東京、みずほ総合研究所、2011.2. [80]8.熊倉功夫、《日本の伝統的食文化としての和食》、2013年10月24日http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/pdf/01_washoku.pdf [81]9.農林水産省《日本食·食文化の海外普及について》2016年11月http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/kaigai/pdf/shoku_fukyu.pdf [82]10.農林水産省、《平成27年度食料自給率について》、2016年8月2日、http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/012.html [83]11.農林水産省、《諸外国·地域食料自給率について》、2017年3月30日、http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/013.html [84]12.農林水産省“農林水産省知的財産戦略2020~そのポイント”2015年7月http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tizai/brand/b_senryaku/pdf/senryaku_point.pdf [85]13.経済産業省『労働経済の分析―産業構造、職業構造の推移』、平成25年版、第2節. [86]14.経済産業省『通商白書』、1980年度版、第四章第2節“3.相互理解の重要性と国際交流の充実”. [87]15.経済産業省『通商白書』、1980年度版、第四章“外の繋がりによる日本経済の新たな成長に向けて第2節ニーズの変化に対応した海外事業活動支援 2.わが国の魅力を生かしたクールキャンパン戦略”. [88]16.内閣府経済企画庁平成12年度『年次経済報告-新しい世の中が始まる』、平成12年7月、第2章序. [89]17.総務省、平成17年国勢調査、最終報告書『「日本の人口」統計表(時系列表、都道府県一覧表)』2011年4月3日、20.年齢(三区分)別割合及び年齢構成指数——全国·都道府県(大正9年~平成17年). [90]18.首相官邸“第百三十六回国会における橋本内閣総理大臣施政所信表明演説”、“第百三十九回国会における橋本内閣総理大臣施政所信表明演説”(内閣官房内閣広報室). [91]19.首相官邸“第百四十回国会における橋本内閣総理大臣施政所信表明演説”(内閣官房内閣広報室). [92]20.首相官邸“経済財政運営と構造改革に関する基本方針2002”平成14年6月25日 閣議決定. [93]21.首相官邸“安倍総理大臣記者会見”http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2006/09/26press.html. [94]22.内閣総理大臣大平正芳第87回国会(常会)“施政演説”1979年1月25日http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/pm/19790125.SWJ.html. [95]23.内閣府ホーム 内閣府の政策 知的財産戦略推進事務局“クールジャパン戦略” http://www.cao.go.jp/cool_japan/about/about.html.
[展开]

相关推荐

发表评论

同步转发到先晓茶馆

发表评论

手机可扫码阅读