首页 > 图书详情

东往东来 语言类;历史地理类;专著 VIP

售价:¥118.5 ¥158
0人在读 |
0 评分
丛书名:学科、知识与近代中国研究书系
陈力卫 著  社会科学文献出版社  2019-06 出版
ISBN:978-7-5201-4306-6
关键词: 日语 语言史 研究 近代

*温馨提示:此类商品不支持退换货,不支持下载

图书简介 目录 参考文献 音频 视频
本书第一编“西学东渐再东渐”着眼于19世纪英华字典以及《博物新编》《万国公法》和江南制造局的西学新书在日本的影响;第二编“东学激起千层浪”则看20世纪日本是如何影响中国的,通过分析梁启超《和文汉读法》、政治小说《雪中梅》以及《共产党宣言》的翻译问题,认识汉语欧化过程中的日语因素,以及辞典是如何应对日语新词的;第三编“语词概念定尘埃”则具体描述“民主”“共和”“主义”“优胜劣败,适者生存”“金字塔”等概念形成的过程。
[展开]
[1]伯纳尔:《一九○七年以前中国的社会主义思潮》,丘权政、符致兴译,福建人民出版社,1985。 [2]陈建华:《革命的现代性》,上海古籍出版社,2000。 [3]丁韪良:《花甲忆记:一位美国传教士眼中的晩清帝国》,广西师范大学出版社,2004。 [4]丁韪良译《万国公法》,同治三年京都崇实馆存版本。 [5]丁祖荫审定《博物大词典》,光绪三十三年上海宏文馆本。 [6]冯天瑜:《封建考论》,武汉大学出版社,2006。 [7]广东省社会科学研究所历史研究室编《朱执信集》,中华书局,1979。 [8]黄河清:《近现代辞源》,上海辞书出版社,2010。 [9]黄克武:《自由的所以然——严复对约翰弥尔自由思想的认识与批判》,允晨文化,1998。 [10]金观涛、刘青峰:《观念史研究——中国现代重要政治述语的形成》,中文大学出版社,2008。 [11]蒋敦复:《啸古堂文集》,同治七年上海道署刊。 [12]邝其照:《字典集成》,Hong Kong:The Chinese Printing and Publishing Company,1875。 [13]邝其照:《华英字典集成》,《循环日报》印,1899。 [14]李运博:《中日近代词汇的交流:梁启超的作用与影响》,南开大学出版社,2006。 [15]林学忠:《从万国公法到公法外交:晚清国际法的传入、诠释与应用》,上海古籍出版社,2009。 [16]陆尔奎、方毅、傅云森等编《辞源》,商务印书馆,1915。 [17]陆尔奎、方毅、傅云森等编《辞源(续编)》,商务印书馆,1931。 [18]马勇:《严复学术思想评传》,北京图书馆出版社,2001。 [19]马西尼:《现代汉语词汇的形成——19世纪汉语外来词研究》,黄河清译,汉语大词典出版社,1997。 [20]潘玉田、陈永刚:《中西文献交流史》,北京图书馆出版社,1999。 [21]丘宏达:《中国国际法问题论集》,台北商务印书馆,1968。 [22]沈国威:《近代中日词汇交流研究:汉字新词的创制、容受与共享》,中华书局,2010。 [23]沈翔云编『和文漢讀法』東京秀英舍、1900。 [24]石云艳:《梁启超与日本》,天津人民出版社,2005。 [25]舒新城主编《辞海》合订本,中华书局,1947。 [26]苏中立、涂光久主编《百年严复——严复研究资料精选》,福建人民出版社,2011。 [27]惠顿:《万国公法》,上海书店出版社,2002。 [28]王宏志:《翻译与近代中国》,复旦大学出版社,2014。 [29]王宏志:《翻译与文学之间》,南京大学出版社,2011。 [30]王栻主编《严复集》,中华书局,1986。 [31]王宪明:《语言、翻译与政治:严复译〈社会通诠〉研究》,北京大学出版社,2005。 [32]王芸生:《六十年来中国与日本》,三联书店,1932年初版,1981年再版。 [33]王云五:《王云五大辞典》,商务印书馆,1930。 [34]王云五:《王云五新词典》,商务印书馆,1943。 [35]颜惠庆:《英华大辞典》,商务印书馆,1908。 [36]夏晓虹等:《文学语言与文章体式:从晚清到“五四”》,安徽教育出版社,2006。 [37]夏晓虹:《阅读梁启超》,三联书店,2006。 [38]夏晓虹:《觉世与传世:梁启超的文学道路》,上海人民出版社,1991。 [39]熊月之:《西学东渐与晩清社会》,上海人民出版社,1994。 [40]杨廷栋译《路索民约论》,作新社,1902。 [41]张相文:《南园丛稿》,中国地学会,1929。 [42]郑匡民:《梁启超启蒙思想的东学背景》,上海书店出版社,2003。 [43]钟叔河:《走向世界——近代中国知识分子考察西方的历史》,中华书局,1985。 [44]巢峰:《与时俱进 改革创新——〈辞海〉的四次修订》,《出版科学》2002年第3期。 [45]陈继东:《在中国发现武士道——梁启超的尝试》,《东亚文明研究学刊》2010年第2期。 [46]陈力卫:《“主义”概念在中国的流行及其泛化》,《学术月刊》2012年第9期。 [47]陈力卫:《19世纪至20世纪的英华辞典与英和辞典的相互影响——中日近代新词往来的渠道之一》,《翻译史研究》2012年第2期。 [48]陈力卫:《试论近代汉语文体中的日语影响》,『東アジア文化交渉研究』別冊7号、2011。 [49]陈力卫:《近代中日概念的形成及其相互影响——以“民主”与“共和”为例》,《东亚观念史集刊》第1期,2011。 [50]陈力卫:《〈共产党宣言〉的翻译问题》,《二十一世纪》第93期,2006。 [51]陈力卫:《〈汉语大词典〉在处理日语借词上的几个问题》,《日语研究》第2辑,商务印书馆,2004。 [52]陈力卫:《中日同形词之间的词义互补问题》,《孙宗光先生喜寿纪念论文集“日本语言与文化”》,北京大学出版社,2003。 [53]川尻文彦:《“民主”与Democracy——中日之间的“概念”关联与中国近代思想》,孙江主编《新史学:概念、文本、方法》第2辑,中华书局,2008。 [54]方维规:《“鞍型期”与概念史——兼论东亚转型期概念研究》《东亚观念史集刊》第1期,2011。 [55]方维规:《“议会”、“民主”与“共和”概念在西方与中国的嬗变》,《二十一世纪》第58期,2000。 [56]黄克武:《何谓天演?严复“天演之学”的内涵与意义》,《中央研究院近代史研究所集刊》第85期,2014。 [57]黄克武:《新名词之战:清末严复译语与和制汉语的竞赛》,《中央研究院近代史研究所集刊》第62期,2008。 [58]黄兴涛:《新发现严复手批“编订名词馆”一部原稿本》,《光明日报》2013年2月7日。 [59]黄兴涛:《概念史方法与中国近代史研究》,《史学月刊》2012年第9期。 [60]黄兴涛:《新名词的政治文化史》《新史学》第3辑,中华书局,2009。 [61]刘禾:《普遍性的历史建构——〈万国公法〉与十九世纪国际法的流通》,陈燕谷译,《视界》第1辑,2000。 [62]鲁纳(Rune Svarverud):《晩清国际法翻译的机构和语言》,复旦大学历史系、出版博物馆编《历史上的中国出版与东亚文化交流》,上海百家出版社,2009。 [63]罗志田:《抵制东瀛文体:清季围绕语言文字的思想论争》,《历史研究》2001年第6期。 [64]沈国威:《回顾与前瞻:日语借词的研究》,『日語学习与研究』160号、2012。 [65]沈国威:《严复与译词:科学》,《翻译史研究》第1辑,复旦大学出版社,2011。 [66]沈国威:《〈官话〉(1916)及其译词:以“新词”“部定词”为中心〉》,『アジア文化交流研究』3号、2008。 [67]沈国威:《清末民初中国社会对“新名词”之反应》,『アジア文化交流研究』2号、2007。 [68]沈国威:《〈辞源〉与现代汉语新词》,『或問』12号、2006。 [69]沈国威:《黄遵宪的日本语·梁启超的日本语》,『或問』11号、2006。 [70]舒池:《舒新城和〈辞海〉》,《辞书研究》1982年第1期。 [71]孙建军:《近代日语对汉译西书新词的吸收和发展》,《中日文化交流史论集——户川芳郎先生古稀纪念》,中华书局,2002。 [72]孙江:《概念、概念史与中国语境》,《亚洲概念史研究》第1辑,2013。 [73]王柯:《“民族”:一个来自日本的误会》,《二十一世纪》第77期,2003。 [74]桑兵:《清季变政与日本》,《江汉论坛》2012年第5期。 [75]狭间直树:《对中国近代“民主”与“共和”观念的考察》,《辛亥革命与二十世纪的中国》,中央文献出版社,2002。 [76]夏志清:《新小说的提倡者:严复与梁启超》,林明德编《晩清小说研究》,联经出版事业股份有限公司,1988。 [77]谢放:《戊戌前后国人对“民权”、“民主”的认识》,《二十一世纪》第65期,2001。 [78]杨红:《从〈天演论〉看严复的译名思想》,《兰州交通大学学报》2012年第5期。 [79]章清:《晚清中国接纳新名词、新概念遭遇的三重屏障》,《南方学术》2015年第4期。 [80]赵璞珊:《合信〈西医五种〉及在华影响》,《近代史研究》1991年第1期。 [81]朱京伟:《读[徳]李博著〈汉语中的马克思主义术语的起源与作用〉中译本》,『或問』8号、2004。 [82]周振鹤:《“袭猊遗神”:晩清民初的一场话语革命》,『或問』7号、2004。 [83]周颂棣:《老〈辞海〉是怎样编成的?》,中华书局编辑部编《回忆中华书局》上编,中华书局,1987。 [84]邹振环:《晩清留日学生与日文西书的汉译活动》,《疏通知译史》,上海人民出版社,2012。 [85]荒川清秀『近代日中学術用語の形成と伝播』白帝社、1997。 [86]李漢燮『近代漢語語彙研究文献目録』東京堂、2010。 [87]池上禎造『漢語研究の構想』岩波書店、1984。 [88]石井研堂『増補改訂明治事物起源 下巻』春陽堂書店、1944。 [89]石川禎浩『中國共產黨成立史』岩波書店、2001。 [90]石川禎浩·狹間直樹編『近代東アジアにおける翻訳概念の展開:京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター研究報告』京都大学人文科学研究所、2013。 [91]石田雄『日本近代思想史における法と政治』岩波書店、1976。 [92]李慈鎬『近代英和辞書の譯語に関する研究』早稲田大学博士学位論文、2006。 [93]石塚正英·柴田隆行監修『哲学·思想翻訳語事典』論創社、2003。 [94]井上勝生『シリーズ日本近現代史1幕末·維新』岩波書店、2006。 [95]歌代勤『地学の語源をさぐる』東京書籍、1978。 [96]內田慶市『近代における東西言語文化接觸の研究』関西大学出版部、2001。 [97]沖森卓也編『図説 近代日本の辞書』おうふう、2017。 [98]小沢三郎『幕末明治耶蘇教史研究』亜細亜書房、1944。 [99]越智治雄『近代文学成立期の研究』岩波書店、1984。 [100]片野善一郎『授業を楽しくする数学用語の由来』明治図書出版、1988。 [101]加藤周一·丸山真男編『日本近代思想大系15 翻訳の思想』岩波書店、1991。 [102]加藤弘之訳『国法汎論』文部省、1874。 [103]樺島忠夫編『明治大正新語俗語辞典』東京堂出版、1984。 [104]木村一『和英語林集成の研究』明治書院、2015。 [105]木村秀次『近代文明と漢語』おうふう、2013。 [106]清地ゆき子『近代訳語の受容と変容:民国期の恋愛語彙を中心に』白帝社、2018。 [107]齋藤希史『漢文脈の近代:清末=明治の文学圏』名古屋大学出版会、2005。 [108]佐藤慎一『近代中国の知識人と文明』東京大学出版会、1996。 [109]佐藤亨『幕末·明治初期語彙の研究』桜楓社、1986。 [110]佐藤亨『現代に生きる日本語漢語の成立と展開』明治書院、2013。 [111]さねとうけいしゅう『近代日中交渉史話』春秋社、1973。 [112]さねとうけいしゅう『増補版 中国人日本留学史』くろしお出版、1981。 [113]島田虔次編訳『梁啓超年譜長編』岩波書店、2004。 [114]朱京偉『近代日中新語の創出と交流』白帝社、2003。 [115]朱鳳『モリソンの「華英·英華字典」と東西文化交流』白帝社、2009。 [116]沈国威『「新爾雅」とその語彙』白帝社、1995。 [117]沈国威『植学啓原と植物学の語彙:近代日中植物学用語の形成と交流:研究論文·影印翻訳資料·総語彙索引』関西大学出版部、2000。 [118]沈国威『近代日中語彙交流史:新漢語の生成と受容 改訂新版』笠間書院、2008。 [119]沈国威編著『漢字文化圏諸言語の近代語彙の形成―創出と共有』関西大学出版部、2008。 [120]沈国威編『近代英華華英辞典解題』関西大学出版部、2011。 [121]慎根縡『日韓近代小説の比較研究:鉄腸·紅葉·蘆花と翻案小説』明治書院、2006。 [122]杉本つとむ『日本英語文化史の研究』八坂書房、1985。 [123]杉本つとむ·呉美慧編著『英華学芸詞林の研究』早稲田大学出版部、1989。 [124]鈴木修次『日本漢語と中国―漢字文化圏の近代化』中央公論社、1981。 [125]鈴木範久『聖書の日本語—翻訳の歴史』岩波書店、2006。 [126]惣郷正明·飛田良文編『明治のことば辞典』東京堂出版、1986。 [127]孫建軍『近代日本語の起源:幕末明治初期につくられた新漢語』早稲田大学出版部、2015。 [128]高野繁男『近代漢語の研究』明治書院、2004。 [129]田中牧郎『近代書き言葉はこうしてできた』岩波書店、2013。 [130]樽本照雄編『新編清末民初小説目録』清末小説研究会、1997。 [131]千葉謙悟『中国語における東西言語文化交流:近代翻訳語の創造と伝播』三省堂、2010。 [132]陳力衛『和製漢語の形成とその展開』汲古書院、2001。 [133]津田真道訳『泰西国法論』文部省蔵版、1868。 [134]都築洋次郎『化学用語の由来』共立出版、1974。 [135]豊田実『日本英学史の研究』岩波書店、1939。 [136]永嶋大典『蘭和·英和辞書発達史』ゆまに書房、1996。 [137]永田圭介『厳復—富国強兵に挑んだ清末思想家』東方書店、2011。 [138]野村雅昭『現代日本漢語の探求』東京堂出版、2013。 [139]狭間直樹『中国社会主義の黎明』岩波書店、1976。 [140]狭間直樹編『共同研究梁啓超:西洋近代思想受容と明治日本』みすず書房、1999。 [141]B.J.シュウォルツ著·平野健一郎訳『中国の近代化と知識人—厳復と西洋』東京大学出版會、1978。 [142]穂積陳重『法窓夜話』有斐閣、1916。 [143]前田愛注釈『日本近代文学大系 明治政治小説集』角川書店、1974。 [144]町田俊昭『三代の辞書:英和·和英辞書百年小史 改訂版』三省堂、1981。 [145]丸山真男·加藤周一『翻訳と日本の近代』岩波書店、1998。 [146]宮田和子『英華辞典の総合的研究』白帝社、2010。 [147]柳田泉『政治小説研究』春秋社、1935~1939。 [148]柳田泉編『明治文学全集 明治政治小説集』筑摩書房、1966~1967。 [149]山田俊治·林原純生校注『新日本古典文学大系 政治小説集』岩波書店、2003。 [150]山室信一『思想課題としてのアジア:基軸·連鎖·投企』岩波書店、2001。 [151]荒川清秀「ことばの行方を追う――日中同形汉语の意味と构造を考える」『月刊しにか』9巻5号、1998。 [152]荒川清秀「ロプシャイト英華字典の譯語の来源をめぐって―地理学用語を中心に」『文明21』1号、1998。 [153]石井研堂「精神学科の訳語」『増補改訂明治事物起源 下巻』春陽堂書店、1944。 [154]池上禎造「漢語流行の一時期—明治前期資料の処理について」『国語国文』26巻6号、1957(『漢語研究の構想』岩波書店、1984に再録)。 [155]石川禎浩「陳望道訳『共產黨宣言』について」『飆風』27号、1987。收入石川禎浩『中國共產黨成立史 第一章』岩波書店、2001。 [156]李慈鎬「『附音挿图英和字汇』の二字譯詞における『英華字典』の影響」『早稲田日本语研究』12号、2004。 [157]大原信一「梁啓超の新文体と徳富蘇峰(1)」『東洋研究』通号97、1991。 [158]大原信一「梁啓超と日本語」『東洋研究』通号114、1994。 [159]大原信一「中国の近代用語事始め—フランヤーと梁啓超の訳書論」『東洋研究』通号134、1999。 [160]梶原滉太郎「『温度計』の語—近代漢語(Aタイプ)の変遷と定着」『国立国語究所報告105 研究報告集14』、1993。 [161]金子勝「「帝国主義」概念と世界史」『情况』第二期8巻10号、1997。 [162]川島真「中国における万国公法の受容と適用、再考」『東アジア近代史』通号3、2000。 [163]川島真「中国における万国公法の受容と適用—“朝貢と条約”をめぐる研究動向と問題提起」『東アジア近代史』通号2、1999。 [164]木村秀次「『西国立志编』の漢語—『英華字典』とのかかわり」『新しい漢字漢文教育』36号、2003。 [165]呉燕「『燈臺卒』をめぐって」『清末小説』33号、2010。 [166]小松原伴子「梁啓超における「自由」と「国家」:加藤弘之との比較において」『学習院大学文学部研究年報』通号44、1997。 [167]寇振鋒「清末の漢訳政治小説『累卵東洋』について—明治政治小説『累卵の東洋』との比較を通して」『多元文化』6号、2006。 [168]斉藤泰治「梁啓超『自由書』と『新民説』」『教養諸学研究』通号97~98、1995。 [169]齋藤希史「近代文学観念形成期における梁啓超」狭間直樹編『共同研究梁啓超:西洋近代思想受容と明治日本』みすず書房、1999。 [170]茂住實男「中国語を媒介にした英学研究」『大倉山論集』27輯、1990。 [171]清水賢一郎「〈異邦〉のなかの文学者たち(1)—梁啓超—日本亡命と新中国の構想」『月刊しにか』9巻4号、1998。 [172]清水賢一郎「梁啓超と〈帝国漢文〉—『新文体』の誕生と明治東京のメディア文化」『アジア遊学』13号、2000。 [173]張嘉寧「『万国公法』成立事情と翻訳問題—その中国語訳と和訳めぐって」加藤周一·丸山真男編『日本近代思想大系15 翻译の思想』岩波書店、1991。 [174]徐水生「翻訳の造語:厳復と西周の比較—哲学用語を中心に」『北東アジア研究』17号、2009。 [175]沈国威「新漢語の二字語化について:中国語への影響も射程に」第106回国語語彙史研究会予稿集、2014。 [176]沈国威「日本は易しいかー近代中国人日本語学習史からの一視点」『日本留学と東アジア的「知」の大循環』三和書店、2014。 [177]沈国威「康有為とその日本書目志」『或問』5号、2003。 [178]沈国威「『泰西人身説概』(1623)から『全体新論』(1851)まで—西洋医学用語の成立について」『関西大学中国文学会紀要』21号、2000。 [179]沈国威「新漢語研究に関する思考」『文林』32号、1998。 [180]沈国威「近代における汉字学術用語の生成と交流 医学用語編(1)(2)」『文林』30、31号、1996~1997。 [181]杉井六郎「合信の『博物新编』の翻刻について」『史窓』48号、1991。 [182]杉井六郎「江蘇上海墨海書館藏版『博物新编』とその翻刻」『社会科学』通号47、1991。 [183]杉本つとむ「近世における外国語の摂取とその影響--近代日本語史の一断面」『国語と国文学』36巻10号、1959。 [184]鈴木修次「厳復の訳語と日本の『新漢語』」『国語学』132集、1983。 [185]鈴木修次「〈進化論〉の日本への流入と中国」『日本漢語と中国—漢字文化圏の近代化』中央公論社、1981。 [186]荘光茂樹「梁啓超についてー新文体論と〈東籍月旦〉」『経済集志』53号、1983。 [187]孫建軍「「義務」の成立」『日本近代語研究4』ひつじ書房、2005。 [188]高田淳「厳復の『天演論』の思想—普遍主義への試み」『東京女子大学附属比較文化研究所紀要』20号、1965。 [189]高柳信夫「中村正直と厳復におけるJ·S·ミル『自由論』翻訳の意味」石川禎浩、狹間直樹編『近代東アジアにおける翻訳概念の展開:京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター研究報告』京都大学人文科学研究所、2013。 [190]田中牧郎「雑誌コーパスでとらえる明治·大正期の漢語の变動」『国際学術研究集会漢字漢語研究の新次元予稿集』国立国語研究所、2010。 [191]田村紀雄·陳立新「梁啓超と在日期の文筆活動」『コミュニケーション科学』20号、2004。 [192]田村紀雄·陳立新「梁啓超の日本亡命後の『受け皿』」『東京経済大学人文自然科学論集』118号、2004。 [193]千葉謙悟「中國語における『聯邦』—語誌および関連譯語をめぐって」沈国威編著『漢字文化圏諸言語の近代語彙の形成—創出と共有』関西大学出版部、2008。 [194]陳力衛「日中の比較语史研究」田中牧郎·岡島昭浩·小木曽智信『近代語コーパス設計のための文献言語研究成果報告書』人間文化研究機構国立国語研究所、2012。 [195]陳力衛「近代日本の漢語とその出自」『日本語学』30巻8号、2011。 [196]陳力衛「国際シンポジウム『近代語の語源研究とその周边』についての報告—『近現代辞源』の評を兼ねて」『東方』364号、2011年6月。 [197]陳力衛「『新漢語』とはなにか—漢籍出典を有する語を中心に」坂詰力治編『言語变化の分析と理論』おうふう、2011。 [198]陳力衛「梁啓超『和文漢讀法』とその「和漢異義字」について—『言海』との接点を中心に」沈国威編著『漢字文化圏諸言語の近代語彙の形成:創出と共有』関西大学東西学術研究所、2008。 [199]陳力衛「近代漢語譯語再考」『日本比較文学会東京支部研究報告』4号、2007。 [200]陳力衛「新漢語の産出と近代漢文訓読」『日本学·敦煌学·漢文訓読の新展開』汲古書院、2005。 [201]陳力衛「『雪中梅』の中国語訳について—明治新漢語伝播の媒介としての役割」『文学研究』新典社、2005。 [202]陳力衛「近代日本語における中国出自のことばについて」飛田良文編『アジアにおける異文化交流:ICU創立50周年記念国際会議』明治書院、2004。 [203]陳力衛「近代語と中国語」『近代日本語研究』(『日本語学』臨増)明治書院、2004。 [204]陳立新「梁啓超の評価問題について」『コミュニケーション科学』21号、2004。 [205]中山茂「近代西洋科学用語の中日賃借对照表」『科学史研究』31巻181号、1992。 [206]那須雅之「W.Lobscheid小伝—『英華字典』無序本とは何か」『文学論叢』109号、1995。 [207]那須雅之「W.Lobscheidの『英華字典』について(1)」『文学論叢』114号、1997。 [208]西田谷洋「イペルテクスト性とテクスト生成—末広政憲と末広鉄腸の政治小説」『近代文学研究』19号、2002。 [209]野口忠彦「『民主主義』は適譯か—「デモクラシー」譯語考序説(2)」『拓殖大学論集 政治·経済·法律研究』12卷2号、2010。 [210]野村雅昭「現代漢語データベースからみえてくるもの」『国际学術研究集会漢字漢語研究の新次元予稿集』国立国語研究所、2010年7月。 [211]野村雅昭「語彙調査データによる基本漢語の抽出」『早稲田大学日本語研究教育センター紀要』12号、1999。 [212]野村雅昭「結合専用形態の複合字音語基」『早稲田大学日本語研究教育センター紀要』11号、1998。 [213]朴孝庚「韓国語版『雪中梅』にあらわれた近代漢語について」『日本語研究』14号、2007。 [214]飛田良文·宮田和子「ロバート·モリソンの華英·英華字典A Dictionary of the Chinese Languageについて」『日本近代語研究1』ひつじ书房、1991。 [215]広瀬和子「アジアにおける近代国際法の受容と適用」『東アジア近代史』通号3、2000。 [216]藤井隆「概念の革新—梁啓超『十種徳性相反相成義』を読む」『広島修大論集 人文編』42巻1号、2001。 [217]古田東朔「訳語雑見」『国語研究室』2号、1963。 [218]松井利彦「漢訳語の日本語への受容—漢訳《万国公法》の〈責任〉の場合」『文林』36号、2002。 [219]松井利彦「漢訳万国公法の熟字と近代日本漢語(近代語の研究)」『国語と国文学』62巻5号、1985。 [220]松田清「吉雄権之助訳蘭英漢対訳辞典の編集法について」內田慶市編『周縁アプローチによる東西言語文化接触の研究とアーカイヴスの構築』関西大学東西学術研究所、2017。 [221]宮島達夫「日中同形語の发掘」国際シンポジウム『近代語の語源研究とその周辺』関西大学、2011年3月。 [222]宮島達夫「語彙史の巨視的比較」,《汉日语言对比研究论丛》第1辑,北京大学出版社,2010。 [223]宮島達夫「『共產黨宣言』の訳語」言語学研究会編『言語の研究』むぎ書房、1979。 [224]茂木敏夫「中国における近代国際法の受容—“朝貢と条約の並存”の諸相」『東アジア近代史』通号3、2000。 [225]森岡健二「開化期翻訳書の語彙」『近代の語彙 講座日本語の語彙6』明治書院、1982。 [226]森岡健二「訳語の方法 特集·明治初期の言語生活」『言語生活』筑摩書房、1959。 [227]安岡昭男「日本における万国公法の受容と適用」『東アジア近代史』通号2、1999。 [228]八耳俊文「ウェルカム図書館蔵ホブソン文書を用いたベンジャミン·ホブソン(合信)伝」『青山学院女子短期大学総合文化研究所年報』11号、2003。 [229]八耳俊文「幕末明治初期に渡来した自然神学的自然観—ホブソン『博物新編』を中心に」『青山学院女子短期大学総合文化研究所年報』4号、1996。 [230]八耳俊文「清末期西人著訳科学関係中国書および和刻本所在目録」『化学史研究』22巻4号、1995。 [231]八耳俊文「漢訳西学書『博物通書』と“電気”の定着」『青山学院短期大学紀要』46輯、1992。 [232]馮自由著·薮田謙一郎訳「日本人徳富蘇峰と梁啓超」『新島研究』88号、1997。 [233]山下重一「中村敬宇訳『自由之理』—ミル『自由論』の本邦初訳(一)(二)(三)」『国学院法学』47巻4号、48巻1号、48巻2号、2010。 [234]山下重一「中国におけるミル『自由論』の受容—厳復訳『群個権界論』(1903)(上)(下)」『国学院法学』38巻1~2号、2000。 [235]山下重一「ミル『自由論』の日本と中国における初訳─中村敬宇訳『自由之理』と厳復訳『群個権界論』」『英学史研究』33号、2000。 [236]山田敬三「『新中国未来記』をめぐって—梁啓超における革命と変革の理論」狭間直樹編『共同研究梁啓超:西洋近代思想受容と明治日本』みすず書房、1999。 [237]山本忠士「日中間のコミュニケーション·ギャップ考(3)中国的“百科全書式”巨人·梁啓超と日本」『日本大学大学院総合社会情報研究科紀要』5号、2005。 [238]吉田寅「中国語科学書『博物新編』とその日本版」『東洋史論集』3号、1990。 [239]米川明彥「近代語彙考証6—進化論」『日本語学』2巻9号、1983。 [240]李冬木「「天演」から「進化」へ—魯迅の進化論の受容とその展開を中心」石川禎浩·狹間直樹編『近代東アジアにおける翻訳概念の展開:京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター研究報告』京都大学人文科学研究所、2013。 [241]劉凡夫「中国語辞書《辞源》初版に収録された日本語語彙の性格」『国語学研究』32号、1993。 [242]林学忠「日清戦争以降中国における国際法の受容過程—特に国際法関係の翻译と著作をめぐって」『東アジア地域研究』2号、1995。 [243]盧守助「1903年における梁啓超の思想変化」『環日本海研究年報』11号、2004。 [244]盧守助「梁啓超の日本観:新漢語と新文体を中心に」『現代社会文化研究』35巻、2006。 [245]Lydia H.Liu,Translingual Practice Literature,National Culture,and Translated Modernity:China,1900-1937,Stanford:Stanford University Press,1995. [246]James Reeve Pusey,China and Charles Darwin,Cambridge:Harvard University Press,1983. [247]Alexander Wylie,Memorials of Protestant Missionaries to the Chinese:Giving a list of their Publications and Obituary Notices of the Deceased,Shanghae:American Presbyterian Mission Press,1867.
[展开]

发表评论

同步转发到先晓茶馆

发表评论

手机可扫码阅读